HOME >> 防災備蓄管理士とは

防災備蓄管理士の資格取得をご提案致します。

全国でマンション比率が上昇。特に東京都では、マンション化が急速に進んでいます。来たる災害に向けて、マンションの防災・備蓄が更に重要になってきました。
しかし、マンションの防災・備蓄における業界の課題が多数存在します。

①防災・備蓄の明確な基準・標準が存在しない。
②備蓄や防災マニュアルを整備していた場合も、適切な管理ができていない。
③既存物件においては、倉庫がある場合も活用されていない。活用の仕方が分からない。
④マニュアル等が整備されていても防災訓練の場が設定されていない。
防災備蓄管理士は、マンションにおける防災備蓄に関する正しい知識を管理組合やマンション住民に伝達および適切な管理を実施し、緊急時に実践できる体制を支援する役割を担います。



ページのトップへ戻る