HOME >> 認定試験について

防災備蓄管理士資格認定試験の概要

どなたでも受験できます。
お申し込み後、受験票をお送り致します。
4時間の講習後、確認テスト(選択問題30問)を実施します。
合格者には後日、認定証と認定カードを郵送致します。

試験会場 東京・大阪・名古屋
受験料 37,800円
(税込・受験料・認定料 込)
試験日 試験の日程をご覧ください
合格基準 60点以上
資格の有効期限 2年 ※9,720円(税込)の更新料が別途かかります。

講義内容

第1章.住んでいるマンション・住まいの理解
  1. 構造を理解  
  2. ライフラインを理解
  3. 管理組合を理解 ~防災備蓄倉庫 
  4. 地域を理解
第2章.防災について 
  1. 被害想定 
  2. 基本的な考え~自助・共助・公助
  3. 在宅避難
第3章.防災備蓄について
  1. 備蓄管理の必要・重要性~なぜ3日分
  2. 備蓄管理の手順と防災備蓄品一覧
  3. 代用法・ローリングストック法
第4章.防災訓練
  1. 防災マニュアル
  2. 情報取得・安否確認

確認テスト30問(30分)



ページのトップへ戻る